スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<ワオキツネザル>赤ちゃん誕生 上野動物園の新アイドルに(毎日新聞)

 上野動物園(東京)でワオキツネザルの赤ちゃんが誕生し、愛くるしい姿で来園者を和ませている。

【関連記事】こちらは愛らしくない?箕面のサル メロンパン攻防は続く

 赤ちゃんは3月12日生まれ。自然環境に近い状態で育てるため、生まれてすぐ群れの中に親子を放した。このため性別は分からず、まだ名前も付いていない。

 現在体長約20センチで、母親の「フウ」にいつもしがみつき、甘えた様子。たまに離れてもすぐにフウの背中に飛んで戻る。3、4カ月で母親の背中を卒業するという。【三浦博之】

【関連ニュース】
【写真特集】「会いに来て、プピ♪」 人工保育のオランウータン公開中 神戸・王子動物園
【写真特集】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
【写真特集】壮絶! ウマヅラハギに襲われるエチゼンクラゲ
【写真特集】寒さをしのぐために団子になる猿たち…可愛いショット満載
【関連記事】ボスに君臨11年4カ月、「ゾロ」は温厚、仲間思い

<事業仕分け>JICA大幅削減 4法人8事業「廃止」判定(毎日新聞)
民主県連、徳之島案の撤回要請=首相「承った」-普天間移設(時事通信)
<ニュース検定>感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)
全国学力テスト始まる 3割抽出方式(産経新聞)
21年度の犯罪被害者給付 申請被害者数が過去最多589人(産経新聞)
スポンサーサイト

無職26歳男、同居4歳女児殴りケガさす「泣きやまず、しつけ」(産経新聞)

 同居していた女性(26)の長女(4)の顔などを殴り、けがをさせたとして、大阪府警泉大津署は19日、傷害容疑で、泉大津市式内町、無職、内田優容疑者(26)を逮捕した。泉大津署によると「しつけで殴った」と供述している。

 逮捕容疑は3月21日、泉大津市式内町の自宅で、パチンコ店従業員の女性の長女を素手で殴り、顔などに12日間のけがをさせたとしている。

 泉大津署によると、内田容疑者は、女性が仕事で出かけているときなどに長女の面倒を見ていた。3月21日に帰宅した女性が、長女の顔のあざを指摘すると「泣きやまないからしつけで顔や尻を殴った」と説明。3日後に長女が通う保育園関係者があざに気づき市に連絡。市から通報を受けた府岸和田子ども家庭センターが翌日、保護したという。

 内田容疑者は昨年11月に女性と出会い系サイトで知り合い、2月から同居。女性は「(内田容疑者は)最初は優しかったが、だんだんきつくなった。子供がジュースをこぼしただけで怒るようになり、玄関に立たせたりするようになった」と話している。

 近所に住む男性(66)は「2月ごろから、『泣くな』という怒鳴り声や、女の子が『ごめんなさい』と謝る声を聞くことが4、5回あり、午前2時ごろまで泣き声が聞こえた日もあった。数日前に内田容疑者に会ったとき、虐待してないやろなと聞くと『僕はしていない』と答えた」と話した。

【関連記事】
「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設
法王、涙ながらに謝罪 性的虐待の被害者に
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻
「男性のサポート絶対必要」「常軌逸した親、理解できぬ」…読者の反響続々
夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「普天間」暗礁で鳩山内閣剣が峰 衆参ダブル選挙説も飛び出す(J-CASTニュース)
【イチから分かる】大阪都構想 府と市を「都」に再編(産経新聞)
政治主導確立法案 野党の追及の的に(産経新聞)
菅財務相「小泉さんも逃げた」 消費税引き上げ(産経新聞)
【風(3)女の生き方】そこそこ主義、ストレスなく“カヤマー”(産経新聞)

時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)

 時事通信社の政治部記者だった森田一樹さん=当時(36)=が平成9年に亡くなったのは過重労働が原因だったとして、遺族が国に労災認定するよう求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。渡邉弘裁判長は遺族の訴えを退けた。

 森田さんは政治部で首相官邸を担当していた9年6月1日に吐血。2日後に糖尿病の合併症で死亡した。

 渡邉裁判長は死亡前半年の1カ月あたりの平均時間外労働が約134時間だったことなどから、過重労働と認めた。一方で、「どのようなストレスが糖尿病を悪化させるのかなど、医学的知見がない」などとして、過重労働と死亡の因果関係を認めなかった。

【関連記事】
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ
高血圧悪化、過労死と認定 福岡地裁
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
中国人研究員の過労死訴訟が和解 大阪地裁
過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え
外国人地方参政権問題に一石

山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞)
鳩山首相、普天間5月決着へ「なんとしてもその状況を作りたい」(産経新聞)
【視点】水俣病 第2の政治決着で前進(産経新聞)
<ネット中傷>接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断(毎日新聞)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)

大阪市の平松市長、橋下知事の「大阪都」構想を批判 「幻想、目くらましだ」(産経新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は8日の定例会見で、大阪府の橋下徹知事が掲げる「大阪都」構想について、「都構想が何かを変えるというのは幻想に過ぎない。体制を変えることがメリットにつながるというのは、ある意味目くらましだ」と批判した。

 平松市長は「日本中が経済の転換点の中で閉塞(へいそく)感に襲われているのに、橋下知事はわざと大阪だけがだめだという絞り込んだ議論をしている」と指摘。「大阪都ができたときに関西州はどうなるのか。大阪の中だけのことをやるロス(無駄)を考えるべきだ」と主張した。

 さらに、橋下知事の政治手法について「あまりにワンパターン。自分の意見を聞かない者は敵であるかのようにみなす手法が、本当に子供の教育にとっていいことなのか」と疑問を投げかけた。

【関連記事】
東京の特別区と政令市の区の違いは? 「独立した会社」と「出先機関」
橋下知事の大阪都構想“地獄の道” 市議会自民が勉強会
大阪府が“二枚舌”組織 政令市連携課、府市再編PTを発足
「突進していく集団に」“橋下新党”準備会
対立鮮明に 橋下知事“大阪都”vs平松市長“大阪市圏州”
「中国内陸部の資源事情とは…?」

橋げたに車接触?衝撃をセンサーが感知 JR阪和線で電車遅れる(産経新聞)
<毒ぶどう酒事件>「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
「また来た…」無銭飲食の疑いで男逮捕 柏(産経新聞)
収納ケース女性遺体 殺人容疑で再逮捕へ 東京地検(産経新聞)
藤井氏、離党届提出=新党参加の5人、午後に会合(時事通信)

<脅迫>ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ(毎日新聞)

 インターネットの掲示板サイト「2ちゃんねる」に、今夏の参院選比例代表に自民党公認で出馬予定の経済評論家、三橋貴明さん(40)を「殺す」と脅す書き込みがあったことが警視庁万世橋署の調べで分かった。1日に埼玉県警上尾署に出頭してきた無職の男(34)が「自分が書き込んだ」と供述しているといい、万世橋署は脅迫容疑で書類送検する方針。

 同署によると、3月31日、三橋さんの関係者から同署に相談があった。【神澤龍二】

【関連ニュース】
日本医師会館:届いた鉢植え、突然発火 けが人なし 東京
宅八郎氏:不起訴処分に…神戸区検
脅迫文:兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り
恐喝未遂:「ステレオポニー」の掲示板で現金要求 男逮捕
脅迫容疑:部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕

「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
拉致解決へ「重要な時期」=知事の会に中井担当相(時事通信)
<スギ花粉症>地域差20倍、有病率の最高は山梨の44%(毎日新聞)
外国人参政権付与 知事会で反対続出(産経新聞)
<花見>スカイツリーの下で 東京の新名所に(毎日新聞)

スーツケース遺体事件で男出頭=50~60代、関与ほのめかす-石川県警(時事通信)

 金沢市二俣町のがけ下で、頭部のない女性の遺体が見つかった事件で、事情を知っているとみられる男が1日夜、石川県警に出頭したことが分かった。男は50~60代で、金沢中署捜査本部の調べに対し、事件への関与をほのめかす供述をしているという。
 捜査本部によると、男は1日午後8時すぎ、男性に付き添われ、同署に出頭した。
 近くの工事現場で働く男性が異臭がするスーツケースを発見し、3月29日に同署駐在所に通報した。駆け付けた警察官が調べたところ、中から頭部のない女性の全裸遺体が見つかった。
 司法解剖の結果、女性は20~30代とみられ、死後2週間~2カ月と判明。頭部は鋭利な刃物で切断されていたという。 

【関連ニュース】
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害
頭部、鋭利な刃物で切断=遺棄は22日夜以降か
パチンコ店から300万円奪う=男2人、店長ら縛り景品も
殺人容疑で男逮捕=面識なく突然刺す

<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)
新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)
<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
鳥取市長選に現新2氏(産経新聞)

<東京7歳児死亡>傷害致死罪に訴因変更請求 東京地検(毎日新聞)

 東京都江戸川区で1月、区立小1年の岡本海渡(かいと)君(7)が虐待された後に死亡した事件で、東京地検は25日、傷害罪で起訴した継父の電気工、岡本健二(31)と母の無職、千草(23)両被告について、傷害致死罪への訴因変更を東京地裁に請求した。

 地検は2月12日に「暴行と死に因果関係があるとは言えない」と起訴したが、死因究明の捜査を継続。医師の見解などを基に、海渡君が暴行を受けて意識を失った後、嘔吐(おうと)物を誤ってのみ込み肺炎を起こして死亡したと判断し、暴行と死亡に因果関係があったと結論づけた。地裁が訴因変更を許可すれば、裁判員裁判で審理される。

 訴因変更請求書などによると、両被告は共謀して1月23日夜、海渡君の両ほおを何度も平手打ちし両腕と両足を殴るけるなどして意識を失わせ、死なせたとされる。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
男児餓死:保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良
裁判員裁判:強盗殺人、求刑通り無期判決 水戸地裁
裁判員裁判:集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決
裁判員裁判:女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決
虐待死:区など状況把握に甘さ 東京・江戸川区最終報告書

民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委(医療介護CBニュース)
経済協定受け入れの外国人、3人初の看護師合格(読売新聞)
覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」-府警(時事通信)
門前払い避けた米政府 「継続使用」伝達のタイミング計る 普天間移設問題(産経新聞)
プロフィール

いわいてつお

Author:いわいてつお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。